上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
題詠2012を完走された方のお歌から5首、選んで鑑賞させていただいています。

今回は田中ましろさん。
かなり前、ましろさんがよく「うたのわ」に投稿されているころに、
面白い視点や切り口で切り取られた、軽いタッチの言葉の世界に
びっくりしたのを覚えています。
今回は100首もの連作の構成になった題詠で、
ましろさんの短歌の世界を堪能することができました。







001今  菜の花を自分のために茹でながら名もなき今日をあなたで満たす


菜の花は、まだ冬が続くなかで春を感じさせてくれる食材だ。
沸騰したお湯のなかでさっと菜の花を茹でながら、ふと思い出すのは「あなた」のことだ。
「菜の花」という語から、すこし苦味を伴う、苦しい想いを考えてしまう。
大事なひとでありながら、どこかで痛みや苦さを感じているのだろうか。
長い長い冬のおわりに感じる春の気配と、
作者のなかにある「あなた」への想いが重なっていて、
ささやかな日常のなかにちいさな詩の世界が存在している。


018希  えんぴつの先に止まっていた午後を希釈してこれからの話を


「えんぴつの先」という極めて小さな部分に濃縮されていた午後の時間とはなんなのだろう。
その先につづく話はどんなことだろう。
ほどかれていくのは、止まっていた時間であり、話をするものの気持ちなのだろう。
強く凝縮されていた想いを薄めて互いに向かい合った時には、
どれほどの話ができるものだろう。
きっとたくさんの言いたいことや強い気持ちがあったはずなのだが、
濃度をうすめた後に伝えられる気持ちとはどのくらいなのだろう。
作者のなかの相手への気持ちの強さと、その一方で、取るべき距離感とを考えてしまう。


043輝  タイピング音に似ている雨の死をかさねて空は輝度をうしなう 


静かに降り続く雨なのだろう。
誰かがたたくタイプの音に似た雨音にじっと耳を傾けている。
雨が地に接する音を「雨の死」とする発想が興味深い。
数えきれないほどの死を奏でながら、空は深く、重い色をしている。
鈍いいろの空は作者の内面の反映ともいえる。
作者にとって雨音はだれかの死を悼んでいる音なのかもしれない。
何ができるということもなく、ただただ雨音に耳を傾けている、静かな追悼の儀式。
とても重さのある情景なのだろうけど、静かな雨の日の景色が浮かんでくる。


057紐  散ることは運命という手のひらに紐解かれゆくわたしのおわり


抗えない状況にいるのだろう。
無情な現実になす術もなく結末を突き付けられている悲壮な感じがする。
と同時に、自分の結末をわりと冷静に突き放して見ているような感じもするのだ。
自分にやってくる結末なのに、それを外側から俯瞰しているような印象がある。
「わたし」が運命のてのひらで解体される、というのはダイナミックなとらえ方でもある。
「わたしのおわり」は、どこかで予感していたことなのかもしれない。


096拭  いなくなるための準備をするように背伸びしながら窓を拭くひと


すこし不吉な印象のある歌だと思う。上の句での直喩のせいだろう。
「窓を拭く」という行為について、単なる掃除ではなく、いろんな意味を考えてしまう。
なにかの痕跡を消してしまいたいのか、空間を清めたいのか。
残酷な発想だが、きれいに拭き終わった窓からそのまま飛び降りてしまうんじゃないか、
なんてことまで思い浮かんだ。
近いうちにやってくるだろう別離を予感させて、苦しくなる。
「背伸びしながら」という具体的な描写がリアリティを感じさせるものであり、
相手を見ているときの作者の注意深いまなざしを思わせる。






まず最初に、要になる1首を詠んで、そこから100首の連作にする、という発想も
大変、面白いものでした。
いまではご自身でフリーペーパー「うたらば」を企画・発行されたり
イベントを開いたり、とてもエネルギーのある、ましろさん。
そのパワーには脱帽します。
これからもっと広がっていくだろう活躍ぶりを、遠くからではありますが
応援したいな、と思います。

スポンサーサイト
2012.12.29 Sat l 題詠2012 鑑賞 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hakua2sea.blog.fc2.com/tb.php/116-e0c54b27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。