上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
題詠2012の完走後、夏実麦太朗さんから7首選んでいただきました。

以下、選歌いただいた内容です。
☆印つきがいちばんのお気に入り、とのことです。




025:触
この胸の熱さにいまだ触れもせず わたしのなにがわかると言うの

050:活
だれの影を追っていたのか 在りし日に活動写真に見入った祖母よ

051:囲
もう誰もいないいらない囲炉裏には西からの陽のしんしんと射す 

061:企
木苺のジャムを煮ながら企てを鍋と語らう 魔女3年目 

066:息
すうすうと寝息をたてる猫の毛をそよぐ風がいいます、春です 

090:舌
ひそやかに雪の降りつむあさぼらけココアを猫舌のひとと飲みます

☆091:締
水道の蛇口をきゅっと締めながら転校すると告げたね、君は 



去年までは、ほかの方々の選ばれる7首を見ていただけなので、
いざ自分の100首から選んでいただくとなると、
「どれを選んでくださるんやろ・・・」とか
ちょっとどきどきして待っていました・・・・。

今回の題詠では文語・口語それぞれほぼ半数ずつ詠んでみました。
・・・・・・・・・・・が、麦太朗さんが選んでくださったのは
口語歌ばかり・・・・ですね。
麦太朗さんご本人が口語の歌を好まれるせいなのかな、
・・・・私の文語の歌ではお気に召さなかったのかな・・・・
とかちょっと悩みました・・・・


「囲」や「企」はかなり苦戦したお題でした。
特に、「企」は最初は企業とか企画とか、固いイメージしかわかなくて
どうしたものか、かなり悩んだ記憶があります。
どこから「魔女3年目」なんていうイメージがわいてきたのか
いまもって謎ですが、意外と気に入ってくださる方がいて
嬉しいことです。
麦太朗さんに選んでいただけて、苦労が報われた感じもします^^

☆がついたのは、「締」ですね。
詠んだ内容は、わたしにとっては、
中学生くらいの思い出の中のイメージがもとになっています。
もう会うことのできない友達ですが、たまにふっと、
歌の中に出てきてくれる感じがします。

「企」「囲」以外は、わりと素直に詠めた歌を選んでいただけたようです。
どのあたりを気に入ってくださったのか、聞いてみたい気もするのですが・・・。
今回の題詠では口語の歌も改めて、難しいものだなぁ。。。と思いました。
もっともっと、いろんな歌に出会って、
感覚を磨いていきたいものです。

題詠を完走したひとに「お疲れさまー」という感じで、ぱぱっと
お気に入り7首を記念のように選んでくださる麦太朗さん。
今回はありがとうございました。







スポンサーサイト
2012.11.29 Thu l 題詠2012 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hakua2sea.blog.fc2.com/tb.php/111-c0fc0c23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。