上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
題詠の楽しみのひとつである、麦太朗さんからの選歌、今年もしていただきました。
ありがとうございました。
お気に入り7首は以下の通り。


**********「麦畑」より引用**********

006:員
駅員がすてる雑誌のきれっぱしばかりをあつめる小鳥たちよ

☆020:央
早朝の中央線に乗るきみを思うと広がる夏空がある

026:応
風鈴が風に応える すなおなだけで生きていくのは難しかった

027:炎
炎のなかで燃えていく本、それは羽根 むかし手放してしまったひとの

031:栗
甘栗をうまく剥けないひとの指をみている短夜、すこしからかう

036:ふわり
夏休みの真中で少女は振り向いて、ふわりひるがえるちいさなさかな

074:焼
焼きあげたパイのひときれわけあってきみと話した天体がある


**********引用終り**********


☆のついた「央」の歌がいちばんお気に入りだそうです。
わりとさらりと詠めた歌でした。
歌のなかに、その情景の雰囲気とか空気感とか
目には見えないけど存在を感じるものを
取り込んで詠めたらいいなと思っているので
「夏の朝のさわやかな空気感」を感じ取っていただけたのは嬉しいです。

麦太朗さんのコメントでとても意外だったのが
「僕は文語と口語のいいとこどりで」詠むことにした、
というところですねー。びっくりしました。
麦太朗さんっていつも口語でさくさく詠んでいかれる感じだったので。
多かれ少なかれ、皆、悩むところなのですね。。。

文語で詠んだり口語で詠んだり、という過程のなかで
それぞれの魅力や難しさを実感しています。
その間で揺れ動きながら自分の歌の世界を
深めていけたらと思います。

スポンサーサイト
2014.12.26 Fri l 題詠2014 l コメント (0) トラックバック (0) l top
うたらば「終」で採用していただけました。
なんか、ちょっとだけ、
うたらばの網に引っかかる歌ができるようになってきたのかしら・・・?

うたらばはねー、いちばん最初にましろさんが始めだしたころに
しばらく送ったことはあるんです。
が、まったく採用されず、途中でいやになって
「まぁ、いいや。合わないんだよ」とか思って
いつしか送らなくなりました。
でも気が向いたときにまた送るようになり、
最近になって、ぽつぽつっと採用されるようになりましたね。

まぁ、気が向いたら続けておくものです。
投稿も気長にやっていくのがいいのかな、と
改めて思った最近です。



おわりまで聞かずにねむるおさな子の夢のなかで咲け、物語



2014.09.09 Tue l 投稿 l コメント (0) トラックバック (0) l top
先日、題詠2014を完走しました。で、ちょっとふりかえっての雑感など。

今年が3回目の参加でした。
今まではひとつのお題につき文語・口語両方で詠んでみて
気に入った歌を採用していました。
また、ある程度詠みためてから投稿していましたが、
溜めていた歌は、せいぜい10~30くらいだったと思います。

今回はすべて口語で詠み、
100首すべて詠み終わってから投稿していきました。
ひとつ工夫したのは、
すべて読みおわったら、1年の春夏秋冬をめぐったような
内容になるようにととのえたことです。
季節については多少、前後した部分はあるんですが
だいたい四季をひとめぐりできるようになっています。
私にとっても面白い試みでした。


はじめて題詠をしだしたころは、
ほんとに100首詠めるかどうか不安だったものですが、
いまは数については昔よりはすんなり詠める感覚があります。
今回は口語のみで、句読点の使い方とか語の選択には
自分なりに挑戦はしてみました。
うまくはいってない箇所もあるでしょうけど、
いろいろ試していく姿勢は持ち続けておきたいと思います。

正直、題詠はいつまで参加するかよくわかりません。
もしかしたら今回が最後になるかもしれないし、
適当に詠むのではなく、
そのときにできるだけのことはやってきたつもりです。

短歌を詠んできて、純粋に楽しかった時期もあるし、
どこに歌を投稿しようか悩んだ時期もあります。
いまも自分のいる場所がはっきりあるわけではないんですが、
ゆっくり進んでいきたいと思っています。




2014.07.14 Mon l 題詠2014 l コメント (0) トラックバック (0) l top
完走しました。

今回は100首まえもって詠んでおいてから
ちょこちょこ修正しつつ投稿する、という形をとりました。
自分のなかでゆっくり歌を見直すことができて
これはこれでよかったと思います。

あとはみなさんのお歌をゆっくり拝見させていただきます。


2014.07.13 Sun l 題詠2014 l コメント (0) トラックバック (1) l top
つぼみのようにわらって、最後にはとけゆくことばを交わしていても
2014.07.13 Sun l 題詠2014 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。